つくば市のカイロプラクティック・整体院・脊椎矯正・マッサージ・日本カイロプラクティックセンターつくば・土浦市・牛久市・つくばみらい市・下妻市

つくば市のカイロプラクティック:日本カイロプラクティックセンターつくば
最新情報 rss
2016年10月31日(月)

外反母趾 改善しない改善しにくい原因はココ!!

多くの女性が悩む外反母趾。「私は若いころにヒールばっかり履いていたから仕方ないの」とか「最近急に足の親指が痛くなってきちゃった。ヒールとか全く履かないのに不思議ね」と全く逆の意見を聞く事が多いのでカイロプラクターとして再度真剣に外反母趾に取り組んでみました。
 まず学術的に調べてみると裸足で生活する人たちの間にも外反母趾は存在するそうです。しかも女性の方が男性に比べて発症率が高くその割合は靴を履く人たちと差は無いそうです。
 その事から性差つまりホルモンに関係しているのではないか?との考察もありました。
 
 私がカイロプラクターとして働き始めた頃は足の内側のアーチが消失しているのが原因ではないかと言われインソールや靴で内側のアーチいわゆる土踏まずを補正する商品が外反母趾改善の為の数少ないサポート商品でした。
 そして、その頃は私の独自の研究の結果、足の親指から小指までを真正面から見たいわゆる横アーチと呼ばれるの物が消失しているのが原因ではないか?との判断からキネシオテーピングで横アーチと親指の位置を補正する方法を考案して
当院にてケアされている方々に非常に喜ばれていました。今では「開帳足」という言葉もあるみたいです。
 しかし、このテーピングには重大な欠点が二つありました。一つは長期間テーピングを貼り続けると水虫になってしまう方がいる。二つ目はそれを回避するためにテープを張り替える時に休息期間を設けると水虫からは回避できるのですが効果が薄くなってしまうと言うもの。
 
 そして最近は外側のアーチ消失と言う考察もあり、それらが複合的に関与し偏平足になりつつ外反母趾を発症してしまうと言うのが一般的な考察の様です。
 
 総じて言われているのが「運動不足」や「加齢に伴う筋力低下」そしてその対処法はタオルギャザーをはじめとする地味な足裏の筋トレしかありません。
 でも、なぜ偏平足になってしまうのか?本当に運動不足?筋力低下?私共がケアしている人たちには日本を代表するレベルのスポーツ選手もいるのですが、その人達の中にも偏平足や外反母趾の人がいるのです。普通の人より論理的にかつ時間も十分に使って練習している人たちも運動不足?ちょっと違いますよね。
 
 今年8月末にちょっと変わった症例の施術を行っている時にヒントが見えました。
実は股関節が内旋(内股)して偏平足を助長している人達がいる事を発見したのです。
 手前みそですが、当院は30年間カイロプラクティックとしては異例の股関節研究をして施術にフィードバックしてきたのでこれに気付けたんだと思います。
 股関節の施術をし、術後に生活習慣の指導をしている時に潰れていた足の内側のアーチがググッと回復するのです。
そこから2か月間は片っ端から偏平足の人に向け立った姿勢の指導を行いそれをエクササイズ化して提供しています。
 驚いたのはたった1回の施術で2年間悩み続けていた外反母趾の痛みが激減された方がいた事。まだ強い変形を呈して無かったのでしょう。痛みが出たばかりに整形外科でレントゲンを撮った時の診断は「骨には異常が無い。なんとも無いから治療は出来ない」との事だったのでその方はすっかり諦めてしまっていたそうです。
 このようなケースはレアで誰もがあてはまる訳では無いですが、あなたがもし外反母趾や偏平足で困っているなら是非当院に相談してみて下さい。
 関節矯正施術の専門家が親身になってご相談にのります。
ちなみに一般的に言われているトレーニング法も効果は十分にあると思いますが、まずは股関節を正常化してから試してみて下さい。きっと今まで以上に効果があると思いますよ!!

つくば市のカイロプラクティック・整体院・マッサージ:日本カイロプラクティックセンターつくば

〒 300-0035茨城県つくば市松代一丁目13-10-102

TEL 029-852-5252 FAX 029-852-5252